水泳で胸が大きくなる理由と実践する際のポイント

水泳で胸が大きくなるのは本当でしょうか?これには諸説ありますが、運動学的、または生理学的に見ても、バストに様々なメリットがあることは広く認められています。

水泳は激しい運動によって全身をバランス良く痩せることが出来ます。
毎日の食事で栄養を的確に摂り、胸の脂肪は落とさないように注意しながらエクササイズを続けていけば全身バランスの取れた美しい身体を手に入れることが出きるでしょう。

水泳は他の記事でもご紹介したジョギング同様、激しい運動となりますのでしっかりバストを固定できる水着を着用しなければなりません。その上でしっかりと身体を動かして首や背中の筋肉を動かすことによってバストアップも可能になります。

その点、近年の水着は競泳用など体に密着した締めつけ効果の高いものが主流となっていますので心配はないかと思います。

水泳で胸が大きくなる事について、過去に水泳部などに所属していたバストが大きい女性の特徴は、なで肩というより肩幅も広くしっかりしている方が多く、形も綺麗で、型崩れしにくいバストをしていると言われています。

ただ、水泳は短時間でもかなりの運動になりますから、筋肉質の人や筋肉がつきやすい人は要注意です。水泳などのやりすぎは筋肉を固くしてしまってガチガチの胸を作ってしまう場合があります。

そこまで婚を詰めて水泳ををしっかりやる人もなかなかいないとは思いますが、スポーツなどをやっている人の中にはこういった人も沢山いますので、女性らしい丸みを帯びた柔らかいバストを目指すのであれば、水泳のやりすぎにも注意が必要です。

ただ、脂肪が多く太りぎみの体型の人にとってはベストな運動法とも言えるでしょうから、定期的にプールに通ってしっかり身体を動かすようにしましょう。

忙しく泳げる時間も限られているとは思いますが最低20分はしっかり泳いで身体を動かすのが効果的です。

アンダーやウエストが痩せていかないとサイズアップも難しいので、メリハリボディーを目指してしっかり水泳で身体を動かしてしなやかな身体を目指していきましょう。

バストアップマッサージとの併用がおすすめです。








サブコンテンツ

このページの先頭へ