離れ乳の原因と正しいブラジャーの着け方

胸が離れていると谷間ができにくいので、
実際よりサイズが小さく見えてしまいますし、水着を着た時なんかは
特に気になります。

それをカバーするためにいろいろな下着や
ブラジャーなどを探して、デパートなどを渡り歩いた
経験を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうなる原因はいくつかあります。
今回はその対処法についてご紹介します。

まずは最初に挙げられるのは、骨格の問題です。

こればかりはなおせないものなので修復は難しいですが、
気をつけることで多少は改善されます。

最近は胸を大きくする整体院など、骨格矯正で
バストアップしてくれるところもあるようです。

他にはブラジャー選びが間違っていることが挙げられます。
お店に行き専門家にきちんと測ってもらい、
正しいブラジャーを選びましょう。

サイズの合わないブラジャーを着けていると
垂れの原因にもなりますし、圧迫されて血流が悪くなり
老廃物が溜まったりもします。

それから運動する時はスポーツブラをして胸が大きく
揺れてしまうのを防ぐことも大切ですし、就寝時にも外すので
はなく就寝用のブラジャーを着けることが大切です。

次に着け方です。せっかく正しいサイズ選びをしても、
きちんと着けれていなければ効果はありません。

よくブラジャーのアンダーの位置が下がり過ぎている人
がいますが、正しい位置は肩甲骨のすぐ下です。

それから両方の乳首と鎖骨のくぼみを結んだ線が
正三角形になるような位置で着けることが理想です。

始めは慣れず難しいので鏡を見てやることをお勧めします。
そして最後にノーブラでの生活です。

夏場は特にブラジャーが暑いからという理由や苦しいから
という理由に加えて、ブラカップ付きのインナーが多く販売
されるようになったこともあり、ノーブラで生活する人も増えました。

長時間ノーブラで生活すると胸の筋肉が衰えてしまい、
垂れや離れ乳の原因になります。

このように、胸が離れてしまう原因の多くは
ブラジャーにあります。ですから正しい対処法が分かれば
離れ乳も防ぐことができ、理想の胸に近づけます。













サブコンテンツ

このページの先頭へ