ジョギングでバストダウンを気にする方に~胸痩せを防ぐポイント

バストアップにジョギングを取り入れたらバストダウン=胸が痩せていってしまうのではないかと思う人もいるでしょう。

運動が好きな方で、バストアップのためにジョギングを取り入れる際は実はいくつかのポイントがあります。

まず、しっかり太って胸に脂肪をつけておくことです。ないものを大きくするというのは難しいので、これは必須です。ただ、胸だけを大きくするというのも難しいでしょう。

そのために、胸以外の部分を痩せるためにジョギングが効果的なのです。胸以外の部分を痩せるためには他の有酸素運動でも良いのですが、ジョギングだと道具も使わずに一人で出きるので、ランニングシューズさえあれば気軽に始められます。

脂肪は揺れて燃焼されるので、胸はスポーツブラなどでしっかり固定して脂肪の燃焼を防ぎ、他の部分をしっかり揺らして痩せていくようにしましょう。

また、しっかりと胸を固定することで運動後の肩こりや筋肉痛なども未然に防ぐことができます。

理想的なバストというのは適度な脂肪とそれを支える筋肉で絶妙にバランスが取れている状態なのです。この状態を手に入れるため、多くの女性が日々様々な方法にコツコツと取り組んでいます。

もちろん他にもさまざまな工夫をして胸のサイズをキープしていかないとすぐ胸が痩せてしまったり太っても全体的に太いまま胸のサイズがアップできなかったということにもなりかねません。

きちんと計画的にエクササイズを続けていかないとジョギングでバストアップをすることは難しいでしょうから、しっかりプランを立てて着実に実行していくようにしましょう。

計画が大事なのはダイエット等と同じです。

最後にまとめとして、胸だけ脂肪を残すというのは他の方法でも可能ですが、要はウエストやアンダーのサイズダウンが必要になりますので、相当な運動量が必要です。そういった意味でも結果の出やすい有酸素運動をオススメします。









サブコンテンツ

このページの先頭へ