バストアップと女性ホルモンの関係を知り、美しいバストに

張りのある大きなバストは、女性の憧れです。
バストアップをするために、色々な方法を試した人も
多いと思います。

ですが、間違った方法では形を崩してしまうかもしれません。
バストアップと女性ホルモンの関係を知ることで、理想のバストを
手に入れることができます。

あまり知られていませんが、脂肪によってバストが大きくなる
わけではありません。脂肪で大きくしてしまうと、張りのあるバスト
にはならず、弾力が損なわれてしまいかねません。

筋肉質な胸は確かに大きく見えます。
見た目にはバストアップしたように見えますが、よく見ると
プルンとした感触が無く、もしもその脂肪がダイエットなどで
燃焼してしまった場合、伸びた皮膚の垂れたバストになってしまいます。

そういった失敗を避けるには、乳腺をしっかり育てる必要があります。

女性のバストが最も成長するのは、第二次性徴の時期だといわれています。
10~18歳頃ですが、ホルモンの受容体が成熟せず、成長ホルモンが
充分に分泌されないと、バストは成長できません。

また、成長ホルモンは夜間に分泌されます。
寝る子は育つという言葉通り、睡眠不足も原因のひとつです。
これはとても大切なことです。

しかし、乳腺の成長を促す受容体は、成長期が終わった20代を過ぎても
成熟します。まだ成熟しきっていない可能性も、充分にあります。

受容体が成熟している最中であれば、いかに成長ホルモンの分泌を促すかが、
バストアップの鍵になります。

成長ホルモンの分泌を促す簡単な方法は、3つあります。

1つめは筋トレです。筋トレをすることで乳酸が筋肉にたまり、
それが分泌のスイッチになります。

2つめは睡眠です。最も分泌が活発になるのは22時~2時なので、
できれば22時頃、遅くとも0時には就寝するのが理想です。

3つめは、空腹になってから食事をとることです。
空腹時に分泌するグリレリンという物質が、脳に命令して
成長ホルモンを分泌させます。

知識があれば、正しいバストアップ方法で、理想のバストになれます。













サブコンテンツ

このページの先頭へ